青臭い希望

Just another WordPress site

青臭い希望 header image 2

病院などではたらく薬剤専門職が違うしごと先

2017年01月05日 by poporon

病院などではたらく薬剤専門職が違うしごと先へ変わる際の間違いマッチを避けるためには、第一に待遇で何を重視したいのかを明らかにしておきましょう。

ナイト薬剤師はできない、プライベートの時間は十分確保したい、人が亡くなるのはしごとであっても見たくないなど、要求にも個性があって当然です。薬剤スタッフの離職率の高さから補充したいところはいくらでもありますから、合わないと思われるしごと場で辛さに耐え続ける事はありません。

現代は高齢化が進んで、薬剤師は福祉施設でも需要が拡大してきているのです。

それに、大手の会社になると医務室等にも薬剤師がいて、健康相談や健康診断、精神的ストレスなどのケアを行っております。

このような事例の場合は、その企業の社員として入社するといったこともありうるでしょう。
薬剤職員の方がしごと場を変えるのに丁度よい頃合いとしては、夏と冬のボーナスの後に人が動きやすいため、夏だと6月、冬だと1月が比較的スムーズです。

たしかに、専門職である薬剤師が不足し困っている職場は多いのですが、待遇の良い勤務先に巡り合えるように、ジョブチェンジには3ヶ月くらい時間をかけて、焦らず比較検討するとよいでしょう。

緊急で職場を変わらなければならない情況でなければ、転職情報が多くなる時まで待機すると無駄がないでしょう。

薬剤師の勤務体制は、他の職種に比べると特殊である上に職場によっても変わります。現場では一般的に、2交代、もしくは、3交代のシフト制になっているという病院が大半です。

2交代制で約3割、3交代制では約7割となっており、3交代制を組み込んでいる病院が多いです。

ですが、2交代制の方が休みが取れるため、2交代制がいいと思う薬剤師も少なくありません。全国において、薬剤師の年収は平均して437万円くらいです。
でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る薬剤師は、公務員勤務であるので、年収は平均して593万円ほどになります。公務員薬剤師は給料が上がる率も民間より高く、福利厚生の点も充実しています。

準薬剤師の場合だと、薬剤師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。
産業薬剤師は従業員の健康が保てるように保健の指導やうつ病防止のためのメンタル(カウンセンリングやコーチング、瞑想など、積極的にケアしていくことが心身の健康維持に繋がります)ケアもします。産業薬剤師の募集は、一般公開されていないので、ハローワーク等で見つけるのは難しいでしょう。

興味のある方は薬剤師専用の転職サイトをチェックしてみて下さい。

薬剤士転職サイトには、産業薬剤師の求人なども多数紹介されています。

高校に入った時点で衛生薬剤科で勉強を初めると、他の方法よりも早めに、国家試験の受験資格を得ることができるので、一番早く、薬剤師の資格を得ることができるでしょう。

ただし、途中で薬剤師以外の職業に就きたくなっても進路を変えるのは簡単なことではありません。さらに、最短5年で試験の受験資格を得られるのですが、期間が短いので勉強や実習に充てる絶対量が足りずに試験に合格するのが簡単ではないという面もあるそうです。
薬剤師国家試験に合格するよりも、薬剤学校を無事に卒業することの方が難しいと感じる人も多いのです。薬剤学校は大変厳しく、レポートの提出がちょっとでも遅れたり、テストに落ちてしまうなど、ちょっとしたことで留年だそうです。

それほど厳しい学校を卒業し、国家試験も合格できた人には、ぜひ薬剤師として、現場に出てほしいですね。結婚と同時に転職を考える薬剤師も非常に多くいます。配偶者と上手にいかなくなって離婚を選択するよりは、転職する方が良い選択でしょう。

いずれ育児をする気であれば、結婚の時に自由な時間の多いしごとに転職をしてしまうのが良いと思います。
ストレスが蓄積されていると妊娠しにくくなりやすいので、注意しましょう。

薬剤師のための転職サイトの中に、祝い金を出してくれるサイトがあります。

転職をしてお金を受け取ることができるのはハッピーですよね。
そうは言っても、お祝い金を貰うためには条件を満たしていなければならないことが多いので、チェックを事前にきちんとしておくようにした方が吉です。

それとは別に、祝い金のサービスがない転職サイトの方がその他のサポートが良いこともあります。

タグ : コメント(0)